旧三福は古い空き店舗とアパートを改装した小さなシェアスペースです。

ブログ

2019年10月17日UP

旧三福に来たら、小田原のゲストハウスに泊まろう

 
最近の旧三福、少しずつですが東京から来てくださる方が増えてきました。
たとえば…都内のベンチャー企業さんや学生団体さんが研修旅行でミーティングなどを行うためにイベントスペースを使ってくださったり、旅行を兼ねた「ひとり合宿」でコワーキングスペースで黙々と作業する方がいらしたり、用途はさまざま。
いつもと環境を変えてリフレッシュすることで新しい発想が生まれてきたり、仲間とちょっと違った関係が築けたりするみたいです。
 
そんなふうに来てくださる東京の皆さんは、今のところ箱根や湯河原にお泊りになることが多いようです。が、旧三福的にプッシュしたい宿泊先は、小田原のゲストハウスなのです!
 
◆ゲストハウスでの宿泊をおすすめする理由◆
・普段なら出会えない人に出会える
世界中、日本中のいろいろな年齢、職業の人が集まるのでいろいろな人とコミュニケーションが取れます。
 
・ガイドブックにはない穴場のローカル情報を教えてもらえる
地元をよく知るスタッフが、自分自身もよく行くお気に入りのごはん屋さんやお店、おすすめお土産などを教えてくれるでしょう。
 
・安い
ホテルに比べると格段に安い!ひとり3,000円以下から泊まれます。浮いたお金で帰りはグリーン車、なんてちょっとした贅沢もできちゃう。
 
 
ホテルや旅館ももちろんくつろげていいのですが、非日常感のあるゲストハウス、面白くていいですよ!同じ部屋で寝泊まりしたり、新しい人との出会いのなかで仲間の知られざる一面に出会えるかも。小田原での滞在がさらに濃くなること間違いなし。
 
 
◆旧三福おすすめのゲストハウス◆
じゃあどこに泊まったらいいの?と聞かれたら、おすすめしたいのが下記の3店舗。
どこもおしゃれで清潔で、オーナーさんやスタッフさんたちの人柄がすてきなんです。きっと楽しい時間をすごせるお宿ばかりです。(ABC順)
 
 
《 Good Trip Hostel&Bar 》

パキッとしたグリーンの外壁が目印。


 
レストランだった建物をリノベしたかわいい建物。1階がラウンジスペース兼バーになっていてお酒やソフトドリンク(400円〜)が飲めます。数種類の自家製梅酒などお酒のラインナップも豊富。地元住民も飲みに来ていてフレンドリーな方が多いので、ぜひ小田原のおすすめをあれこれ聞いてみてください。
昔ながらの歓楽街のなかにあるので、周辺にはおいしいごはん屋さんやキャラの立ったママのいるスナックなどがたくさん。楽しく食べて飲んで帰ってきて、2次会は1階のバーで!ちょっとくらい酔っ払っても階段を上がればすぐベッド、というのもうれしい。小田原城址公園からも徒歩6分なのでお城までもお散歩がてらすぐ行けます。
 

〈左〉女性専用ドミトリー。〈右〉1Fのラウンジ兼バー。明るいオーナーさんの人柄に惹かれて地元民も集まる楽しい場所。


施設)ドミトリー2部屋(男女混合・女性専用)、個室1部屋
住所)小田原市本町2丁目13-5
WEBサイト)http://goodtrip.hippy.jp/
 
 
 
《 Plum Hostel 》

手前が受付、奥にはリビングスペースが。困ったときにはすぐスタッフが声をかけてくれる。


 
2019年に3周年を迎えた、小田原で最初にできたゲストハウス(旧三福調べ)です。約8割が海外からのゲストで国際色豊か。英語で会話してみたい方や異文化交流したい方にはここは絶対楽しい!英語が流暢なオーナーさんをはじめ、スタッフも外国語が話せる方が多いのでコミュニケーションはサポートしてもらえます。
共用のリビングスペースはロフトになっていて、天井の低さと間接照明が効いていてものすごく居心地がいい。こじんまりしていて、他のゲストと自然と仲良くなれる空間です。
オプションで小田原を自転車でめぐるサイクリングツアーもあるので、気分をリフレッシュしたい方におすすめ。サイクリストの方は自転車をガレージにしまってもらえます。
 

〈左〉男女兼用ドミトリー。〈右〉共用部のリビングスペース。きゅっと閉じた絶妙な“おこもり感”がくつろげる。


施設)ドミトリー2部屋(男女混合・女性専用各1部屋)
住所)小田原市栄町3-4-17 2F
WEBサイト)http://www.plumhostel.jp/
 
 
 
《 Tipy records inn 》

共用スペースにはレコードプレイヤーも置いてあって集まった音楽を自由に聴くことができる。


 
全室個室(だけどリーズナブル!)なので、交流の時間と落ち着いて休む時間のメリハリをつけたい方に。民家を改装した建物で、なんだかお友だちのおうちに来たようにまったりすごせます。オーナーさんが大の音楽好きで、思い出のレコードやCDを寄贈すると500円の割引が受けられる「レコード・ディスカウント」があります。これまで寄贈された音楽も自由に聞けるので、ほかのゲストや仲間と音楽談義に花が咲くかも!
ここ以外にも一棟貸切の「tipy records house」、マンションの一室を利用した「tipy records room」など違った形態の施設もあり、複数施設の貸切で最大36名まで泊まれます。すでに合宿のため利用された団体さんもいるそうなので、ぜひご相談を。
 

それぞれイメージの違う個室。好きなテイストや人数に合わせてお部屋を選べる。


施設)個室4部屋
住所)小田原市栄町2丁目4-13
WEBサイト)http://tipyrecordsinn.com/
 
 
 
どこも違った個性のある小田原のゲストハウス。ちょっと泊まりに来たくなってきたでしょ?旧三福にお越しの際は、ぜひゲストハウスに泊まって小田原を満喫して元気をチャージして帰ってくださいね!