旧三福は古い空き店舗とアパートを改装した小さなシェアスペースです。

スケジュール

暮らしの教室特別教室41 山田崇氏「1人じゃ円陣組めない〜空き家から始まる商店街の賑わい創出プロジェクト」

開催日時 2015/09/27(日)17:00 - 19:00 

「あなたを幸せにする自分のモノサシ」
暮らしの教室では、地域で自分らしく豊かに暮らすための価値観をつくる様々な教室を開催しています。

長野県塩尻市の商店街にあるnanodaというスペース。2012年4月から、商店街の空き家を活用して始まった場所です。

”当初は、塩尻市役所職員の有志が月1,000円を出し合って空き家を借りて、空き家の維持管理、商店街の賑わい創出の様々な企画を実施。
現在は、商店街店主や市職員以外の方も参加し、nanodaを運営中。
ここを拠点に、人と人、人と地域をつなぐ企画を展開しています。
大門商店街から、ちょっとした変化を起こしていきます。”

代表の山田さんは塩尻市役所の職員でありながら、さまざま人を巻き込みながら公務員らしからぬ動きで活動をしてこられました。が、公務員らしからぬというのは勝手な思い込みにすぎないかもしれないと山田さんの話を伺っていて思います。
自分は●●だから(公務員だから、経験がないから、若いから、若くないから)できないと、それぞれ自分で限界を設定してしまう人もいるかもしれませんが、力を借りれば、限界を勝手に自分で決めなくてよいんだ、ということを感じつつ、新たに踏み出す機会になればと考えています。

こういった事例などを伺いながら、これからの地方都市のあり方などを探る1日にしたいと考えています。

日時:9月27日(日)17:00 – 19:00(受付16:40〜)
講師:山田崇氏(プロフィールはページ下部参照)
受講料:2,000円
定員:24名
お申込みはこちら

山田崇
塩尻市役所企画政策部企画課シティプロモーション係 主任
nanoda 代表
1975 年塩尻市生まれ。千葉大学工学部応用化学科卒業。
「地域の課題を想像で捉えるのではなく、実際に住んでみないと商店街の現状・課題は わからない」と、地元塩尻の”大門商店街”に空き家を借り、可能な限り閉まってしまったシ ャッターを開ける。そんな空き家/空き店舗を活用した「空き家から始まる商店街の賑わ い創出プロジェクト nanoda(なのだ)」を 2012 年 4 月より開始。
http://www.shiojiring.jp/空き家プロジェクト-nanoda/
「公務員が元気なら、地域は絶対元気になる」と、その熱に巻き込まれたメンバーと共 に、nanoda を拠点に多様な活動を実施。人と人、人と地域をつなげる。
2014 年 1 月「地域に飛び出す公務員アウォード 2013」大賞を受賞。
http://t-k-award.sakura.ne.jp/2013/index.html
TEDトークでの動画「元ナンパ師の市職員が挑戦する、すごく真面目でナンパな「地域活性化」の取組み」が話題に。
http://logmi.jp/23372